ブリヂストン、豪ソーラーカーレースに冠スポンサーとして協賛

ブリヂストンは、10月6日から13日にオーストラリアで開催される「ワールド ソーラー チャレンジ 2013(WSC 2013)」に冠スポンサーとして協賛すると発表した。

同社は、ソーラーエネルギーを動力源とする車両の環境技術開発促進という大会の趣旨に賛同し、今回の協賛を決定。同社が冠スポンサーになったことにより、本大会の正式名称は「ブリヂストン ワールド ソーラー チャレンジ 2013」となる。

WSC 2013は、1987年に始まり、今回で12回目をむかえる国際的なソーラーカーレース。今年は26か国45チームが出場し、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3000kmを走行し、順位を競う。また、前回までは1クラスのみのレースだったが、今回から「チャレンジャークラス」、「クルーザークラス」、「アドベンチャークラス」の3クラスに拡大して開催される。

同社は「チャレンジャークラス」に参戦する工学院大学ソーラーカープロジェクトチームを、低燃費タイヤ「ECOPIA ologic」と太陽電池用フィルム「EVA SKY」にて協賛する。日本からは工学院大学をはじめ、全7チームが出場する予定。

「ologic」搭載タイヤ(「ラージ&ナローコンセプト」タイヤ) 太陽電池用高機能フィルム「EVASKY」 装着車両