フェラーリ 458 スペチアーレ

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリは8月20日、ドイツで9月に開催されるフランクフルトモーターショー13において、『458スペチアーレ』を初公開すると発表した。

同車は、フェラーリの主力車、『458イタリア』の高性能バージョン。そのハイライトは、4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンのパワーアップ。最大出力は605ps/9000rpmへ、35ps引き上げられた。最大トルクは55.1kgmで変わっていない。

リッター当たりの出力は135ps。フェラーリによると、自然吸気エンジン搭載の量産車としては、世界最高のパワーを発揮するという。

また、458スペチアーレは458イタリアに対して、軽量化を実施。車両重量は1290kgに抑えられた。パワーウェイトレシオは2.13kg/ps。さらに、ピニンファリーナとの協力の下で、エアロダイナミクス性能も引き上げられている。

パフォーマンスは0-100km/h加速3.0秒、0-200km/h加速9.1秒、イタリアのフィオラノでのラップタイムは、1分23秒05と公表されている。

フェラーリ 458 スペチアーレ フェラーリ 458 スペチアーレ フェラーリ 458 スペチアーレ フェラーリ 458 スペチアーレ フェラーリ 458 スペチアーレ フェラーリ 458 スペチアーレ