シモーナ・デ・シルベストロ《写真提供:INDYCAR》

インディカーは8月20日、2週間前に行われたセブリング・インターナショナル・レースウェイでのテストの結果、KVレーシング・テクノロジーは2人のドライバーであるシモーナ・デ・シルベストロとトニー・カナーンが、それぞれ異なる方法で次のレースに挑むことを発表した。

「シーズンの中盤に私達は双方に妥協点を見いだしてセットアップしていたけれど、実のところそれが2人を助けたとは思えない、というのが正直なところね。私達はシーズン当初に戻り、私の車に必要なものと、トニーが必要なものに別々に働くことにしたの。すでに同様のことをミッド‐オハイオでおこない、いいパフォーマンスを発揮できていたのよ」とデ・シルベストロは語った。

ホンダ・インディ200・アット・ミッド‐オハイオの最初のプラクティスで、デ・シルベストロは18番手のタイムを出し、予選前のセッションでは10番手のタイムを叩き出した。彼女は予選9位となって、レースは11位でフィニッシュした。

「シーズンを良好な結果でフィニッシュするために、確かにプレッシャーはあるわ。来年のためには、今から本当にハードな仕事をこなさなければならないのよ」と彼女は付け加えた。

シモーナ・デ・シルベストロ《写真提供:INDYCAR》 シモーナ・デ・シルベストロ《写真提供:INDYCAR》