アウディ・Q3

アウディ ジャパンは、アウディ『Q3』の装備、仕様を変更し、8月20日より販売を開始した。

今回の仕様変更では、170PS仕様と211PS仕様の両モデルにアドバンストキーと、従来はオプションだったハイグロスデザインパッケージ(アルミニウムサイドウィンドウモールディング、ハイグロスBピラー/Cピラー、アルミニウムルーフレール、アルミニウムドアシルプレート、トランクシルプロテクション)を標準装備、また170PS仕様にはAPSリヤを追加装備した。

さらに、MMIベーシックを標準装備する170PS仕様に、より直感的な操作が可能なユーザーインターフェースを持ち、高解像度(800×480ピクセル)の7.0インチモニターを装備するMMI 3G+ナビゲーションシステム(CD/DVDプレイヤー/ミュージックサーバー機能/ FM/AMラジオ、Bluetooth接続、SDカードリーダー (2スロット)、地上デジタル放送対応、ボイスコントロール、アウディミュージックインターフェイス (AMI) 、ETCシステム)をオプションとして用意した(211PS仕様には標準装備)。また、170PS仕様と211PS仕様に、APSリアビューカメラをオプション設定した。

価格は170PS仕様が据え置きの409万円、211PS仕様が10万円アップの489万円。

アウディ・Q3