ライアン・ブリスコー《写真提供:INDYCAR》

手首の骨折から回復したライアン・ブリスコーが、8月25日に決勝が行われるソノマのレースにパンサー・レーシングのNo.4の車で復帰する。

ブリスコーは7月13日に行われたトロントの第1レースで数台を含んだ事故に巻き込まれ、彼の車はタイヤバリアに接触して、その際に手首を骨折してしまった。

「僕の手首は、8月13日に参加したテストの間に良く回復してくれたよ。手首のブレースは厄介だったけどね…。でもテストの間にさらに前進をして、自分達のプログラムをこなすことができた。僕は車のペースに満足したし、レースに戻ることを楽しみにしているよ」とブリスコーは語った。

ブリスコーは昨年のソノマのレースに、チーム・ペンスキーから参加して勝利を手にした。さらに過去5年間に、同じサーキットでそれぞれトップ5のフィニッシュをしている。

ライアン・ブリスコー《写真提供:INDYCAR》