ロックスターエナジースズキのクレメン・デサール

8月17日〜18日、ベルギーのバストーニュで開催された2013FIMモトクロス世界選権シリーズ第15戦、ロックスターエナジースズキのクレメン・デサールが、第1レース2位、第2レース1位を獲得して総合優勝。前回のチェコGPに続く連勝を飾った。

会場となったサンスーシのコースはWGP開催2回目、屈指のスピードコースとして知られる。路面は荒れてコーナーにはテクニカルなわだちができたが、土質が良質なドライのため全体的にハイスピード勝負となる。デサールの総合優勝は今シーズン3回目、ポディウム登壇はすでに12回を数えた。

シリーズも終盤を迎え、デサールとA・カイローリ(KTM)の一騎打ちとなることが予想された今大会。決勝第1レースではオープニングラップからトップに出たカイローリがそのままリード。ラスト2周で挽回を狙うデサールが、ラストラップでダブルジャンプ後のタイトコーナーへのアプローチで仕掛けるがわずかにスリップオフし、第1レースはカイローリが制した。

続く決勝第2レース、デサールがレース初盤から勝負に出た。第2コーナーでカイローリを捕らえると鮮やかにパス、前回のチェコGPと同様の圧倒的なペースでトップをキープした。会場はデサールの地元ベルギーのファンの大声援に包まれ、カイローリの反撃はないままデサールは1位フィニッシュ、総合優勝を決めた。

■WMX MX1 レース1
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)
2位:クレメン・デサール(スズキ)
3位:ゴーティエ・ポーリン(カワサキ)
4位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)
5位:J・バンホービーク(カワサキ)
6位:ケン・デダイカー(KTM)

■WMX MX1 レース2
1位:クレメン・デサール(スズキ)
2位:アントニオ・カイローリ(KTM)
3位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)
4位:ケビン・ストライボス(スズキ)
5位:J・バンホービーク(カワサキ)
6位:トミー・サール(カワサキ)

■2013 WMX ポイントランキング
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)690P
2位:クレメン・デサール(スズキ)600P
3位:ケン・デダイカー(KTM)542P
4位:ゴーティエ・ポーリン(カワサキ)485P
5位:ケビン・ストライボス(スズキ)469P
6位:トミー・サール(カワサキ)431P

ロックスターエナジースズキのクレメン・デサール