ダッジダートのIIHS新スモールオーバーラップ衝突テスト

米国IIHS(道路安全保険協会)は8月8日、クライスラーグループのダッジブランドの新型セダン、『ダート』を、最高の衝突安全性を備えた「2013トップセーフティピック+」に認定すると発表した。

ダートは、クライスラーグループと提携関係にあるフィアット傘下のアルファロメオ『ジュリエッタ』の車台をベースに開発された小型セダン。IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するというもの。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストも行う。また今回、ダートは、「新スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストを受けた。これは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだが、車体のメインフレームよりも外側に強い衝撃が加わるため、厳しい判定を下される車種が多い。そして、IIHSは総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック+」に認定し、最高レベルの衝突安全性を認めている。

ダートのテスト結果は、通常の前面衝突ではダミー人形の頭/首/胸/左足/右足と、全ての部位への傷害レベルが最小限。GOOD(優)評価と認められた。

側面衝突は、運転席のダミー人形の胸への傷害レベルが、上から2番目のACCEPTABLE(良)。しかし、それ以外は、運転席/後席ともに、ダミー人形の頭、首、足と全ての部位へのダメージが最小限。GOOD(優)評価を得た。また、ボディの安全構造に関しても、前面衝突と側面衝突ともにGOOD(優)評価。さらに、追突時のむち打ち確認テストとルーフ強度テストも、GOOD(優)。

また、新スモールオーバーラップテストでは、ダミー人形の頭/首、胸、大腿部、足と、全ての部位への傷害レベルが最小限で、GOOD(優)。ただし、ボディの安全構造に対する判定は、上から2番目のACCEPTABLE(良)。これについてIIHSは、「ドライバーの生存空間の確保はまずまずのレベル」と説明している。

通常の衝突テストに、新スモールオーバーラップテストの結果を加味した総合評価で、ダートは最高のGOOD(優)となり、2013トップセーフティピック+に認定された。ダッジブランドのティム・クニスキス社長兼CEOは、「ダートのトップセーフティピック+認定は喜ばしい限り。ボディ全体の68%に高張力スチールを使うなど、ダートの安全性は最高レベル」と語っている。

ダッジダートのIIHS新スモールオーバーラップ衝突テスト ダッジダートのIIHS新スモールオーバーラップ衝突テスト ダッジダートのIIHS新スモールオーバーラップ衝突テスト