フォード・クーガ《撮影 内田俊一》

2代目となったフォード『クーガ』が日本にも9月7日より導入が開始される。グローバル戦略車であるクーガのデザインは、デザイン戦略であるキネティックデザインを取り入れ、躍動感を表現している。

躍動感は、立体感のあるプレスラインやボリューム感を持たせた面構成により表現しているが、フォード・ジャパン・リミテッドマーケティング部の佐藤健さんによると、細かいポイントにもこだわっていると話す。

フロント周りでは、「ヘッドライトは切れ長で後ろへすっと流れるデザインや、ロワーバンパーも彫りの深い立体的な造形で、躍動感を表現しています」。リアでも「リアコンビネーションランプの周りは面取りしたように角をとることで、よりコンビネーションランプを立体的に際立たせています」と述べる。

そのリアはいくつかのキャラクターラインを持つ特徴的なデザインだ。佐藤さんは「クルマの後ろは、後続車からするとずっと見るところなので、きれいにデザインしなければいけません。初代クーガ同様、リアは凝ってデザインされています」という。

サイドのデザインでは、フロントホイールアーチに付けられた樹脂製のモールが、サイドシル部分を通ってリアのホイールアーチにつながっている。「真横から見ると、前後のタイヤが地面を踏ん張っているような効果を狙っています」と、躍動感とともにクーガのSUVらしさを強調したデザインだと語った。

フォード・クーガ《撮影 内田俊一》 フォード・クーガ《撮影 内田俊一》 フォード・クーガ《撮影 内田俊一》 フォード・クーガ《撮影 内田俊一》 フォード・クーガ《撮影 内田俊一》