アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》

フィアット『500』をベースにしたスポーツモデルがアバルト『500』で、その中でも最もスポーティなモデルとして位置づけられるのが『595コンペティツォーネ』だ。

外観デザインではツインデュアル・エグゾーストパイプが、内装ではアルカンターラ/レザーの表皮を採用したサベルトのバケットシートなどが専用の仕様として設定されている。

搭載エンジンは直列4気筒1.4リットルのインタークーラー付きターボ仕様。118kW/206Nmのパワー&トルクを発生する。

走行モードの切り換えスイッチが設けられ、スポーツモードを選択すると最大トルクが230Nmにまで高められる。パドル操作に対するレスポンスも向上するので、一段とスポーティな走りが楽しめるようになる。

アクセルを踏み込むと、一瞬のターボラグの後、エンジン回転が2000回転に達したあたりから強烈な加速が発生する。ラグはセミATによる部分もあるが、スポーツモードを選択するとラグを感じさせないくらいの加速が味わえる。このあたりがアバルトの本領発揮である。

205/40R17タイヤを履き、KONIのFSDショックアブソーバーを採用するなど、専用にチューンされた足回りは、極めて優れた操縦安定性を発揮する。それもガチガチに硬いのではなく、一定程度に乗り心地にも配慮した足回りである。

同時期に試乗した『595Cツーリズモ』に対して、より硬めの足回りかと思ったが、595系の足回りは基本的に共通だという。ボディの違いが多少は影響しているのかもしれない。

595コンペティツォーネは正にアバルトを象徴するグレードといえる。300万円を超える価格は決して安くないが、走りの楽しさを求めるユーザーには納得できる価格だろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》 アバルト595コンペティツォーネ《撮影者 松下宏》