シトロエン・C3《撮影 内田俊一》

シトロエン『C3』がマイナーチェンジした。その目的は特にヨーロッパ市場において予想以上に男性ユーザーが離れてしまったことにある。

初代から2代目にフルモデルチェンジする際、C3は女性ユーザーを、男性ユーザーには『DS3』とターゲットを振り分けてデザインされた。その結果、C3は女性ユーザーからは好評に迎えられたものの、予想以上に男性ユーザー離れが起きてしまったことから、今回のマイナーチェンジでは、フロントフェイスを中心に、スポーティさが強調されたデザインとなった。

プジョー・シトロエン・ジャポン広報部シトロエンPRマネジャーの村田佳代さんによると、「まだ正確な数字は出ていませんが、フィーリングとしては男性が戻ってきている感触はあると本国ではいっています。C3らしさであるラウンドフォルムや取り回しの良さ、シトロエンならではの乗り心地、そして、ゼニスウインドウはそのまま踏襲したので、違和感なく受け入れられたのでしょう」とした。

シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》