日産テラノのイメージスケッチ

日産自動車が2013年度内に、インド市場へ投入する新型SUV、『テラノ』。同車の公式発表が近づいてきた。

これは8月6日、日産自動車のインド法人、日産モーターインディアが公式Twitterページで明らかにしたもの。同社は「8月20日、新型テラノをインド・ムンバイで初公開する。これは公式情報です」とつぶやいている。

テラノはかつて、日本市場で販売されていたSUV。インドで復活を果たす新生テラノは、インド南部タミルナド州チェンナイ近郊のオラガダム工場において生産される。同工場では現在、『マイクラ』(日本名:『マーチ』)や『サニー』などを組み立てている。これにより、日産のインド現地生産車種は、4モデルへ拡大する。

すでに日産モーターインディアは、新型テラノに関して、フロントとリアのイメージスケッチを公表済み。大型テールランプや窓回りのデザインが特徴的。

新型テラノは、日産と提携関係にあるルノーの新興国向け低価格ブランド、ダチアのSUV、『ダスター』をベースに開発されるもよう。ダットサンブランドのコンパクトカー、『GO』とともに、日産のインド戦略における重要車種に位置付けられる。