ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》

先代とは異なる完全自動ソフトトップを採用し、50km/h以下の開閉を可能にした『ザ・ビートル カブリオレ』。リアシートやソフトトップクローズ時の車内空間も余裕ある作りとなっている。

パワートレインは1.2リットルTSIエンジンと7速DSGトランスミッションの組み合わせ。エンジンは最高出力105psと最大トルク17.8kgmを発揮する。

JC08モード燃費は17.6km/リットル。横滑り防止装置であるESPやABS、運転席・助手席フロントエアバッグ、頭部保護機能付きサイドエアバッグなど安全装備も搭載した。

ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》