アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》

アバルト『595Cツーリズモ』はツートーンカラーのボディが印象的。ボディを色分けする部分に赤いラインが施されるなど、細かな部分にも気を配ってデザインされている。

インテリアはラグジュアリーなセミバケットタイプの本革スポーツシートが用意され、上質な雰囲気を演出している。

搭載エンジンは1.4リットルのターボ仕様。118kW/206Nm(スポーツモード時には230Nm)のパワー&トルクを発生する。オープンボディながら1160kgと比較的軽い車両重量に対して余裕十分というか、過剰なくらいの実力である。

試乗日がウェット路面だったこともあって、ラフにアクセルを開くことはなかったが、十分な動力性能によって気持ち良い加速感が味わえることは分かった。

ただ595Cツーリングがオープンボディのクルマであり、またほかにクーペボディの595コンペティツォーネが存在することを考えると、似合うのは単にスポーティな走りではない。さわやかで快適な走りを余裕の動力性能でこなすモデルと考えたら良い。

ATモード付きの5速シーケンシャルのトランスミッションは、センター部分のパネルに設けられたボタンで1を選択すれば、後はパドル操作によって変速する。また流して走りたいときにはATモードを選べば良い。

セミATなので変速時のトルク抜けが避けられない。でも、スポーツモードを選んで走ると変速のレスポンスも良くなってアクセルワークとパドル操作に応じた機敏な走りが得られるようになる。

専用チューンの足回りに装着されるタイヤは205/40R17サイズ。このクラスのクルマとしては相当に大きい。そのタイヤがしっかりと路面をとらえて走る感覚は、さすがアバルトである。相当硬めの足回りなのに、乗り心地の悪さを感じさせないのは大したものだ。

595Cツーリズモは、オープンボディということもあってアバルト500系モデルの中で最も高い349万円の価格が設定されている。クローズドボディの595ツーリズモとの価格差は30万円なので、オープンボディの価値をどう考えるかがポイントだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》 アバルト500Cツーリズモ《撮影者 松下宏》