シトロエン・C3《撮影 内田俊一》

プジョー・シトロエン・ジャポンから導入が開始されているシトロエン『C3』がマイナーチェンジした。より男性ユーザーにアピールするために、フロントを中心とした変更が行われた。

今回のマイナーチェンジは、C3らしさであるラウンドフォルムや取り回しの良さ、シトロエンならではの乗り心地はそのままに、より男性ユーザーにアピールするためだと話すのは、同社広報部シトロエンPRマネジャーの村田佳代さん。

「マイナーチェンジ前のC3は、非常にかわいらしくて評判も良かったのですが、主にヨーロッパでは、女性ユーザーが増え、男性が(予想以上に)減ってしまったのです」という。そこで、「かわいらしすぎたということもありましたので、少し男性を意識した顔つきに変えました」と話す。

具体的には、ダブルシェブロンが幅広になり、ヘッドライトまでつながるようになった。その結果、「ワイド感が強調され、実際の車幅よりも少しダイナミックなイメージになったと思います」と述べ、新規採用となったLEDデイライトシステムと相まって、「シャープなイメージを醸し出し、(マイナーチェンジ前は)少し物足りないと思っていた方にも、スポーティ風に乗りこなしてもらえるかなと思います」と語った。

シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》 シトロエン・C3《撮影 内田俊一》