2013年 F1 ハンガリーGP  フェラーリGetty Images

フェラーリ
194ポイント(フェルナンド・アロンソ133/フェリペ・マッサ61)

フェラーリの2013年シーズン前半の戦いぶりは、アップダウンの激しいものだった。フェラーリは時折トップレベルで優勝を争うこともあったが、優勝争いとはまったく無縁のポジションというレースも実際は多かったからだ。

今季のフェラーリF138は完成度はそこそこ高く、フェルナンド・アロンソは開幕戦オーストラリアGPで貴重な2位フィニッシュをものにしている。またフェリペ・マッサにしてもしばしば予選でアロンソを破るなど、前半戦から手堅いパフォーマンスを発揮してきた。

フェラーリのパフォーマンスが下り調子に感じられたのは、中国、スペインGPの連勝した後で、特にチームを悩ませたのはポールポジションからはほど遠い予選の低調なパフォーマンスだった。

さらにマッサは、クラッシュの連続とリタイアによって、アロンソにポイントで大きく差をつけられてしまう。シーズン後半にフェラーリがコンストラクターズタイトル獲得に向けて本格的に動き出すためには、まずドライバー両名が共に大量ポイントをチームに持ち帰らないことには始まらない。

ドライバーズタイトルに関してフェラーリは2007年を最後に遠ざかったままだが、現状3番手まで下げたとは言ってもアロンソは有力候補のひとりだ。しかし、シーズン中盤に優位に立ちながらセバスチャン・ベッテルにタイトルをさらわれた昨シーズンの経験を忘れてはならない。チームの側にもF138の一層の開発努力が求められているのは言うまでもない。

2013年 F1 ハンガリーGP  フェラーリGetty Images フェラーリ(2013年 F1 ドイツGP)Getty Images フェラーリ(2013年 F1 ドイツGP)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)(2012年ドイツGP)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ、中国GP、2013年)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ、中国GP、2013年)Getty Images フェルナンド・アロンソ(フェラーリ、中国GP、2013年)Getty Images