新型フォード フォーカスの欧州向けエコグレード

欧州フォードは8月12日、欧州向けの新型『フォーカス』に、エコグレードを設定すると発表した。

このエコグレードは、フォードモーターで過去最小の排気量を持つ「1.0エコブースト」エンジン搭載車がベース。1.0リットルの3気筒ガソリンユニットは、直噴ターボ化されており、最大出力は100psと125psの2種類のチューニングが存在する。

100ps仕様の場合、CO2排出量は109g/km。125ps仕様でも、CO2排出量は114g/kmと、クラストップレベルの優れた環境性能を発揮する。

今回、欧州フォードは、この1.0エコブースト(100ps仕様)搭載の新型フォーカスに、さらなる環境性能を追求したエコグレードを設定。低転がり抵抗タイヤ、エアロダイナミクス性能の向上、専用ギアレシオの採用などの専用チューンを施した。

この結果、欧州複合モード燃費23.9km/リットル、CO2排出量99g/kmの優れた環境性能を実現。欧州フォードは、「欧州市場のガソリンエンジン搭載のファミリーカーで、CO2排出量99g/kmは初」と説明している。

新型フォード フォーカスの欧州向けエコグレード 新型フォード フォーカスの欧州向けエコグレード