村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像)

村上開明堂は8月9日、2013年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高145億3200万円(前年同期比−8.2%)、営業利益は11億2100万円(−4.0%)、経常利益は12億7100万円(-3.0%)、四半期純利益は7億9100万円(−46.4%)だった。

国内における自動車用バックミラー販売の減少が影響し、減収減益となった。なお、前第1四半期は、タイ洪水被害に関わる受取保険金6億7200万円を特別利益として計上したため、今第1四半期の純利益は大幅減となった。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。