横浜ゴム・BluEarth-A

横浜ゴムは8月9日、2013年1-6月期(第2四半期・累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高2696億8600万円(前年同期比+0.3%)、営業利益190億5700万円(−4.2%)、経常利益は206億2700万円(+7.7%)、純利益は129億7500万円(−5.3%)だった。

国内新車用タイヤは、前年のエコカー補助金効果からの反動減や自動車メーカーの現地生産化などにより大幅に落ち込んだ。国内市販用は低燃費タイヤを中心に販売量は増えたが、市場の低価格志向や価格競争の激化が影響した。海外市場は欧州、中国などでの需要減や北米の販売が低迷した。

しかし、コスト削減に加え、原材料価格の低下や為替円安が大きく影響し、売上高および経常利益は過去最高を記録した。

2013年度期末の業績予想は2013年2月に公表した売上高6300億円を6100億円に下方修正。営業利益590億円(同18.7%増)、経常利益560億円(同6.9%増)、純利益360億円(同10.4%増)は据え置いた。