チャーリー・キンボール《写真提供:INDYCAR》

インディカーは8月8日、先週末に行われたホンダ・インディ200・アット・ミッド‐オハイオのレースでの統計や事実などを、数字にまとめたデータを公表した。

2.78 ‐ レースの勝者、チャーリー・キンボールの合計90ラップにおける平均走行ポジション。

4 ‐ 今シーズンにおける初めてのレース勝者数(ジェームズ・ヒンチクリフ、佐藤琢磨、サイモン・パジェノ、チャーリー・キンボール)。

7 ‐ ウィル・パワーによる連続トップ5入賞記録。

8 ‐ エリオ・カストロネベスとルーキーのルカ・フィリッピによって記録された、最大のポジション上昇。

9 ‐ 今シーズンの異なる勝者の数。

10 ‐ エリオ・カストロネベスによる連続トップ10フィニッシュの数。

93 ‐ インディカーチームのオーナーで総合3位となるチップ・ガナッシによる勝利数。

118 ‐ ダリオ・フランキッティによるトップ5フィニッシュの合計数。歴代7位。

152 ‐ 2004年のミシガンのレース以来、スコット・ディクソンが行った連続インディカースタートの数。歴代7位。

201 ‐ ミッド‐オハイオのコースにおける連続コーション無しのラップ数。

1843 ‐ エリオ・カストロネベスによって完了されたラップ数。彼は全てのレースで全てのラップを完走した、ただ1人のドライバー。

キンボールとガールフレンドのキャスリーン《写真提供:INDYCAR》 スコット・ディクソン《写真提供:INDYCAR》 トニー・カナーンとエリオ・カストロネベス《写真提供:INDYCAR》 ダリオ・フランキッティ《写真提供:INDYCAR》 ファンにサインをする佐藤琢磨《写真提供:INDYCAR》