ドアミラーに使用される高機能樹脂

東洋紡は8月8日、ブラジルで自動車部品用の高機能樹脂(エンジニアリングプラスチック)事業を展開するため、東洋紡ブラジル・アメリカーナ工場内に新工場を建設すると発表した。

東洋紡はこれまで、自動車部品メーカーの海外への生産移管に合わせて、北米、中国、タイ、インドネシアへ販売拠点および現地生産・開発体制を整えてきた。ブラジルの自動車市場は、中間所得層の増加を背景に、今後も拡大が予想され、日系自動車メーカーも小型車を中心に生産能力を増強する計画を立てている。

同社は現地で自動車部品メーカーへの供給体制を構築するために、既に日系メーカーが進出している地域に近接した、東洋紡ブラジルアメリカーナ工場内に新工場を建設し、高機能樹脂事業を立ち上げることとした。

新工場の投資金額は約10億円。稼働開始は2014年8月の予定で、ポリエステル・ポリアミドなどを原料とした高機能樹脂を年間約5000トン生産する。また、現地自動車部品メーカーの調達ニーズに対応し、2020年には生産設備を1万5000トン/年まで段階的に増強する計画。

東洋紡は今後、自動車部品向けの高機能樹脂事業に加え、4月に子会社化した三元化成(三重県名張市)が持つ幅広いコンパウンド技術を活用し、さまざまなニーズに対応する受託コンパウンド事業も進めていく。

東洋紡ブラジル・アメリカーナ工場