クライスラーグループの米国ミシガン州ダンディー工場

米国の自動車大手、クライスラーグループは8月7日、米国ミシガン州の2か所のエンジン工場に、総額5200万ドル(約50億円)を投資すると発表した。

同社が投資を行うのは、ミシガン州のトレントン工場とダンディー工場。「タイガーシャーク」と呼ばれる主力ガソリンエンジンを増産するのが目的。

5200万ドルのうち、トレントン工場には、北工場へ1150万ドル(約11億円)を投資。4気筒のタイガーシャークエンジンの製造ラインを追加する。

また、ダンディー工場には、4050万ドル(約39億円)を投資。エンジン部品の製造ラインを刷新し、トレントン工場へ、タイガーシャークエンジン用部品を供給する体制を整える。

なお、今回の投資により、トレントン工場では298名の新規雇用を創出する計画。クライスラーグループのブライアン・ハルロウ副社長は、「我々の商品に対する需要が増えるに伴い、パワートレインの増産要求にいかに応えるか、常に評価している」と述べた。