新開発ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」(参考画像)

マツダは8月8日、住友商事との合弁事業であるメキシコの新工場「Mazda Motor Manufacturing de Mexico S.A. de C.V.」(MMMdM)に、エンジン機械加工工場を新設すると発表した。

新設する工場は、MMMdMで生産する『マツダ2(日本名:デミオ)』や『マツダ3(日本名:アクセラ)』に搭載するSKYACTIV技術のエンジンを生産する予定で、2014年10月の操業開始を目指す。年間生産能力は23万基規模を計画。エンジン機械加工工場の新設に伴い、MMMdMでは、1億2000万米ドル(約120億円)を投資するとともに、約100人を追加で採用する計画。

マツダは、MMMdMの車両およびエンジン組立の工場建屋をすでに完成させており、現在は2013年度第4四半期の稼働に向けた準備を進めているが、エンジン機械加工工場を新設することで、SKYACTIV技術の生産体制を強化。また部品の現地調達を拡大し現地化を推進することで、為替変動への対応力の向上を図る。

マツダ2(日本名:デミオ)