ジャガー Fタイプ

英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは8月7日、2013年度 4-6月の決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は前年同期比13%増の40億9700万ポンド(約6120億円)。税引き前利益は4億1500万ポンド(約620億円)で、前年実績に対して25%増となった。

増収・増益となった要因は、好調な新車販売。2013年度 4-6月の世界新車販売は、前年同期比10%増の9万4719台。ジャガーでは、新型スポーツカーの『Fタイプ』を投入した効果が出た。ランドローバーでは、新型『レンジローバー』が支持を集める。

2013年度 4‐6月の世界新車販売の市場別実績は、アジア太平洋地域が前年同期比37%増。地元英国は13%増、欧州は3%増、北米は10%増と伸びている。

ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペスCEOは、「4‐6月の結果は、新型車と改良モデルが顧客に受け入れられている証。今後も全ての事業で、顧客満足度を高めていく」と語っている。

新型レンジローバー