ヒュンダイ EON

インド乗用車市場で第二位の韓国ヒュンダイモーター(現代自動車)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアリミテッドは8月1日、7月のインド新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、7月の総販売台数(輸出を含む)は、4万8704台。前年同月比は7.9%減と、4か月ぶりに前年実績を下回った。定期メンテナンスのため、一部工場の操業を部分的に止めている影響が出た。

4万9704台の内訳は、インド国内販売分が2万5965台。前年同月比は6.8%減と、3か月ぶりのマイナス。輸出分は2万2739台。前年同月比は10%減と、8か月ぶりに前年実績を割り込む。

ヒュンダイは、7月新車販売の車種別のデータを公表していない。ただし、インド国内販売では、サブコンパクトカー(A2セグメント)の『EON』、『サントロ』、『i10』、『i20』が販売の主力となる。

ヒュンダイモーターインディアリミテッドのRakesh Srivastava営業&マーケティング担当上級副社長は、「顧客にとって魅力的な販促活動にもかかわらず、インド市場の減速傾向が続いている。度重なる燃料価格の上昇と、ルピー安も厳しさを増す要因」と述べている。

ヒュンダイ i10 ヒュンダイ i20