国内旅行に関する意識調査

ニッセンが運営するプレゼント・懸賞サイト「nissen もらえるネット」は、30代・40代の女性を対象とした「国内旅行に関する意識調査」を実施、その結果を公表した。

調査は、7月18日から25日に、同サイトを利用する30代・40代の女性を対象にインターネットアンケートを実施。1000人から回答を得た。

2013年の旅行の滞在日数についてたずねたところ、昨年は1日(日帰り)旅行と回答した人が22.9%だったが、2013年は10.8%と半分以下に減少していることから、泊まりがけでの旅行が増えている傾向が見られた。

利用交通機関については、昨年は飛行機(31.1%)や新幹線(21.8%)をあわせて、半数以上が「より早く快適に目的地につく」手段を選ぶ人が多かったが、今年は昨年の半分以下の約2割(飛行機18.4%、新幹線4.2%)。自家用車という回答が52.0%と最も多かった。大型連休の少ない2013年は、マイカーで行ける範囲で旅行に出かける人が多いようだ。

旅行の平均予算については、2万円〜3万円の予算と回答した人が一番多いものの約2割程度に留まった。全体を見ると、1万円以下から5万円以上までばらつきが見られ、多少の差はあるものの昨年とほとんど変わらない結果に。アベノミクス効果による景気回復が取り沙汰されているが、まだ一般家庭にはその兆しは現れていないようだ。

国内旅行に関する意識調査