メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》

マイナーチェンジしたメルセデスベンツ『Eクラスクーペ/カブリオレ』は、女性に選んで欲しい1台だという。

マイナーチェンジ前のEクラスクーペ/カブリオレは4年間で5000台弱ほど販売され、そのうちの2割から3割が女性ユーザーだったと述べるのは、メルセデス・ベンツ日本商品企画室・マーケティング部商品企画兼商品企画2課マネージャーの豊生浩一さん。

「Eクラスクーペ/カブリオレは女性比率が高かったのですが、(マイナーチェンジ前は)左ハンドルのE350しかなく、欲しかったが左ハンドルなので見合わせたと女性からの声がありました」と話す。また、価格的に、もう少し気軽に買いたいとの要望もあり、右ハンドルのE250クーペ/カブリオレ(クーペ:669万円、カブリオレ:699万円)の導入に至った経緯を述べる。

豊生さんは、「エレガントという表現をするクルマはあまりない中で、Eクラスクーペ/カブリオレは女性が乗ると絵になるクルマです。Eクラスの中でも女性比率が高いことから、格好いい女性に乗ってもらいたいという思いを込めてE250を導入したのです」と語った。

メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスカブリオレ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスカブリオレ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスカブリオレ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスカブリオレ《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》