マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》

ディーゼルが注目を集める『CX-5』。しかしこの7月の改良で、SKYACTIVーG 2.0(ガソリン車)が、JC08モード燃費を0.4km/リットル向上させた。4WD車で16.0km/リットル、2WD車で16.4km/リットル……これが新しい数字だ。

試乗車は「20S Lパッケージ」の2WD車。ディーゼルのあり余る低速トルクを身体が覚えてしまったからどうか?と思ったが、ガソリン車には、それなりのよさがあることが実感できた。とくに4WD車に対し50kg軽量なボディのため、出足も十分に身軽な印象。さらに加速していくと、軽快なリズムを作りながら走る。内製6速ATはこのガソリンエンジンとのマッチングもよく、最適なアクセルワークを加えると、高効率が引き出せる。メーター表示だが、都内を走行中、難なく12km/リットル台の表示も確認した。レギュラーガソリン(満タンは56リットル)というのも助かる。

17インチタイヤ(ヨコハマGEOLANDAR G98)を履く足回りも、しなやかで軽快感がある。

試乗車は本革シート始め、豊かな音質のBOSEのオーディオ、衝突軽減ブレーキ等、装備、機能も充実。ルームミラーに画像が現れるブラインドモニターは、その方向(ジープやフォードのような助手席側ドアトリム部)にモニターがあるほうが、見やすく自然に思った。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》 マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》 マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》 マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》 マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》 マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》 マツダCX-5 20S Lパッケージ《撮影 島崎七生人》