KYBが発表した2013年度(4-6月期)の連結決算は、営業利益が前年同期比0.2%減の48億5100万円と微減だった。

売上高は同6.6%増の830億5800万円と増収となった。主に海外での自動車向け製品の販売増加と、円安で推移したことによる為替換算の影響が主因。

収益では、為替差益の効果などで、経常利益は同16.9%増の53億0700万円となった。当期純利益は同4.8%増の32億5300万円だった。

通期業績見通しは、期初の想定より円安で推移しているのに加え、自動車向け製品の受注が想定を上回る見通しから、上方修正した。売上高は前回予想より51億円増の3411億円となる見通し。

営業利益も前回予想より22億円増の180億円、経常利益が23億円増の189億円、最終利益が9億円増の109億円に上方修正した。