タタ・ナノ

インド自動車大手で、インド乗用車市場第三位のタタモーターズは8月1日、7月のインド新車販売(輸出も含む)の結果を公表した。総販売台数は5万1468台。前年同月比は30%減と、引き続き大幅に落ち込む。

タタのインドでの主力は商用車。7月は3万6367台を販売し、前年同月比は14.2%のマイナス。このうち、LCV(ライトコマーシャルビークル)は2万6609台を占めた。

また、7月のインド乗用車販売は1万0824台。前年同月比は59%の大幅減だ。超低価格車の『ナノ』は、『インディカ』、『インディゴ』と合わせて8546台にとどまる。『スモー』『サファリ』『アリア』『ベンチャー』シリーズは、2278台。

また、7月の輸出台数は、4277台。2013年4‐7月では、1万5712台を出荷した。

タタモーターズの2012年4‐7月インド新車販売(輸出も含む)は、20万4659台。前年同期比は22%減と、前年実績を大きく割り込んでいる。

タタ・インディゴ タタ・インディカ タタ・アリア タタ・ベンチャー