ダイハツ・アイラ《撮影 柴田基宏》

ダイハツ工業は8月5日、海外事業の重要拠点であるインドネシアの子会社アストラ・ダイハツ・モーター社(ADM)で、乗用車用エンジンの生産ラインを増設すると発表した。

新生産ラインの生産能力は20万基/年。稼働時期は2015年夏を予定している。

エンジンのコスト競争力と品質向上のため、エンジン生産を既存の生産ラインから順次、新生産ラインへ移行する。全体の生産能力については現状の53万基/年からの変更はない。

ダイハツでは、今回の最新鋭のエンジン生産ライン増設により、インドネシア事業の強化を図る。