トヨタ・アクア(参考画像)《撮影 宮崎壮人》

日本自動車販売協会連合会が発表した7月の乗用車系車名別販売台数ランキングによると、トヨタ『アクア』が2万8657台で4か月ぶりのトップに返り咲いた。

前月トップのトヨタ『プリウス』は2万3067台で2位。首位アクアとの差は5590台。3位はワンランクアップの日産『ノート』が入った。

7月の新車乗用車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。
1位:アクア 2万8657台(9.1%増)
2位:プリウス 2万3067台(30.9%減)
3位:ノート 1万1712台(398.8%増)
4位:フィット 1万1553台(52.2%減)
5位:ヴィッツ 9181台(30.1%減)
6位:セレナ 9005台(2.3%減)
7位:カローラ 7331台(45.3%減)
8位:クラウン 6724台(166.8%増)
9位:ステップワゴン 6715台(15.5%減)
10位:インプレッサ 5714台(12.2%増)

トヨタ・プリウス 日産『ノート』