ケータハム セブンの入門モデルの予告画像

英国で、独創的なスポーツカーを少量生産しているケータハムカーズ。同社を代表するスポーツカー、『セブン』に設定される入門モデルへ、スズキ製エンジンが搭載されることが決定した。

これは8月5日、ケータハムカーズが明らかにしたもの。「セブンの入門モデルには、スズキ製の660cc 3気筒ターボエンジンを積む」と発表している。

現時点では、スズキ製エンジンのスペックは公表されていない。ただし660ccという排気量から、広く軽自動車に採用されているエンジンと推測できる。

ケータハム セブンの入門モデルは、英国ベース価格1万7000ポンド(約255万円)以下となる予定。今秋発表され、2013年末から、納車が開始される計画。

なおスズキ製エンジンは、セブンへの搭載に際して、ケーターハム・テクノロジー・イノベーションの手で専用チューニングが施される。トランミッションは、スズキ製の5速MT。ケータハムカーズは、「歴代セブンで最も排気量が小さく、最も燃費に優れるエンジン」と説明している。

ケータハムセブンの入門モデルの予告イメージ(参考画像)