ボルボXC60の大幅改良モデル

スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは8月5日、7月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は3万3650台。前年同月比は14%増と、プラスに転じた。

市場別では、信用不安の影響で落ち込みが続いていた欧州20か国が回復。7月は1万7056台を売り上げ、前年同月比は16.8%増と、9か月ぶりのプラス。新型『V40』効果で販売が伸びた。このうち、地元スウェーデンは15.1%増の3258台と、4か月連続で前年実績を上回る。

また、中国では7月、4640台を販売。前年同月比は61.6%増と、引き続き大きく伸びた。『XC60』が2278台と牽引役を果たす。米国では7月、5908台を販売。前年同月比は3.3%増と、2か月ぶりの前年実績超え。XC60と『S60』が販売の主力。

車種別の7月販売実績では、XC60が8810台を売り上げ、ボルボカーズの最量販車に。前年同月比は13%増と、3か月連続のプラスとなった。新型を投入した『V40』シリーズが8533台、S60は前年同月比4.2%減の4846台でこれに続く。

中でも新型V40は、通常のハッチバックが7057台、『V40クロスカントリー』が1476台を売り上げた。新型は、好調な立ち上がりを示す。

ボルボカーズの2013年1-7月世界新車販売は、24万2767台。前年同期比は3.2%減だった。ボルボカーズは、「7月の14%の伸びは、中国と欧州の力強い成長によるもの」と説明している。

ボルボ S60の大幅改良モデル 新型ボルボV40 ボルボ V40 クロスカントリー