ヤン・マーデンボロー

ニスモは、グローバルドライバーエクスチェンジとして、ヤン・マーデンボローとアレックス・バンコムを8月6日・7日、富士スピードウェイで行われるSUPER GTの公式テストに参加させると発表した。両ドライバーは11月には、同サーキットで開催される富士スプリントカップに参戦する。

ニスモグローバルドライバーエクスチェンジは、日産/ニスモから参戦する世界各国のレーシングドライバーに、世界各国でのレースに参戦する機会を与えるプログラム。最初の適用ドライバーは、GTアカデミー出身の元ゲーマー、ルーカス・オルドネス(スペイン)が選ばれた。

ヤン・マーデンボローは、2011年のニッサンGTアカデミー勝者で、今季はFIAヨーロッパ・フォーミュラ3選手権に参戦中。6月のル・マン24時間では、日産エンジンを搭載したLMP2車両でポディウムフィニッシュを果たしたばかり。

一方、アレックス・バンコムは、GTアカデミーの勝者すべての先生役として、日産のドライバー育成プログラムでのドライバーたちの急成長を支えてきた。

アレックス・バンコム