トヨタ マトリックス 2011年モデル

トヨタ自動車が2002年から、米国市場で販売してきた『マトリックス』。この北米向け『カローラ』のハッチバック仕様が、モデル廃止となることが分かった。

これは、トヨタの米国法人、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。各車の2014年モデルの発表に際して、「マトリックスは廃止」とアナウンスしている。

初代マトリックスは、2002年にデビュー。GMと共同開発され、GM版はポンテアック『バイブ』を名乗った。このバイブは、日本にはトヨタ『ヴォルツ』として導入された過去がある(マトリックスではない)。

2007年10月には、2代目にモデルチェンジ。エンジンは直列4気筒ガソリン2機種。1.8リットルは、最大出力132ps、最大トルク17.7kgm。スポーツグレード「マトリックスS」用の2.4リットルは、最大出力158ps、最大トルク22.4kgmを引き出す。

トヨタブランドの米国ラインナップにおいて、マトリックスは『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)に次ぐ入門モデル。しかし、北米向けカローラのセダンが新型に移行するのを機に、マトリックスはモデルチェンジされず、廃止されることが決まった。

なお、米国トヨタ販売は現時点で、マトリックスの後継車を用意するかどうか、明らかにしていない。

トヨタ マトリックス 2011年モデル トヨタ マトリックス 2011年モデル トヨタ マトリックス 2011年モデル トヨタ マトリックス 2011年モデル トヨタ マトリックス 2011年モデル トヨタ マトリックス 2011年モデル トヨタ マトリックス 2011年モデル トヨタ マトリックス 2011年モデル