8月2日午後1時15分ごろ、山梨県甲州市内の県道を走行中の大型トラックが路外に逸脱。道路沿いにある民家へ突っ込む事故が起きた。この事故でトラックを運転していた31歳の男性が重傷。民家の住人にケガはなかった。

山梨県警・日下部署によると、現場は甲州市勝沼町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。トラックは右カーブ走行中に路外へ逸脱。道路左側の民家敷地内に突っ込み、建物の一部を損壊した。

この事故でトラックを運転していた奈良県奈良市内に在住する31歳の男性が頚部骨折の重傷。民家の住人は離れていたところにいたため、ケガはなかった。

現場にブレーキ痕は見当たらず、警察では居眠り運転や漫然運転の可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。