セバスチャン・オジエ《写真提供:WRC》

WRCは8月3日、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエがラリーフィンランドで、2位のティエリー・ヌービルに36秒6の差をつけて勝利し、残り5戦を残すFIAワールドラリーチャンピオンシップで90ポイントとリードをさらに広げたことを発表した。

この勝利はオジエのキャリアで12度目の勝利であるが、フィンランドでは初のものだった。フォード・フィエスタRSで2位となったヌービルに21秒遅れで3位の表彰台に立ったのは、同じ車を運転するマッズ・オストベルグだった。

「僕はここで勝利することを夢見ていた。チャンピオンシップに多くのポイントを得て、フィンランドで勝利したことでパーフェクトな週末となったよ。僕達はしなければならない時にプッシュして、タイヤと車を守る必要がある時には(ペースを)抑えた」と今季5勝目を手にしたオジエは語った。

4人のドライバー達が最初の7つのステージをリードするという波乱の展開を見せたラリーだったが、オジエは最終日前日のリードをコントロールした。

地元フィンランド人のミッコ・ヒルボネンは、シトロエンDS3でオジエから1分21秒6遅れの4位となり、同じ車を運転するダニ・ソルドが初日の不振から回復して、5位でラリーをフィニッシュすることとなった。

ラリーフィンランドの結果

1. セバスチャン・オジエ
2. ティエリー・ヌービル
3. マッズ・オストベルグ
4. ミッコ・ヒルボネン
5. ダニ・ソルド
6. エフゲニー・ノビコフ
7. P.G.アンダーソン
8. アンドレアス・ミケルセン
9. ヤリ‐マティ・ラトバラ
10. ユホ・ハンニネン

セバスチャン・オジエ《写真提供:WRC》 セバスチャン・オジエ《写真提供:Getty Images》 セバスチャン・オジエ《写真提供:Getty Images》 フォード・フィエスタRS(ティエリー・ヌービル)《写真提供:Getty Images》 フォード・フィエスタRS(マッズ・オストベルグ)《写真提供:Getty Images》