次期アキュラ(ホンダ)NSXのプロトタイプ

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは8月4日、米国オハイオ州で開催された「ホンダ・インディ200」において、次期『NSX』のプロトタイプをデモ走行させた。

次期NSXは2015年、市販される予定。現在、開発が進められているが、このほど最初のプロトタイプ車が完成。米国で最も人気が高いモータースポーツ、インディカーシリーズの舞台で、初公開されている。

ミッドオハイオのサーキットコースに現れた次期NSXのプロトタイプは、約3.8kmをデモ走行。次期NSXはホンダの米国オハイオ・メアリーズビル工場に新設される「パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター」で生産されることが決定済み。今回、地元のファンに向けて、初のお披露目の場となった。

次期NSXは、直噴V型6気筒ガソリンエンジンをミッドシップに搭載。これに3個のモーターを組み合わせた新世代ハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッドSH-AWD」を採用する。トランスミッションは新開発のデュアルクラッチ。

今回のデモ走行は、次期NSXの開発拠点、ホンダR&Dアメリカのオハイオのエンジニアが担当。ホンダR&Dアメリカのチーフエンジニア、テッド・クラウス氏は、「プロトタイプをサーキットでデモ走行するのは興奮の瞬間。2015年の発売に向けて、開発は順調」とコメントしている。

次期アキュラ(ホンダ)NSXのプロトタイプ 次期アキュラ(ホンダ)NSXのプロトタイプ 次期アキュラ(ホンダ)NSXのプロトタイプ 次期アキュラ(ホンダ)NSXのプロトタイプ 次期アキュラ(ホンダ)NSXのプロトタイプ 次期アキュラ(ホンダ)NSXのプロトタイプ