新型日産 パスファインダー

日産自動車の米国法人、北米日産は8月1日、7月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は7月の新記録となる10万9041台。前年同月比は10.9%増で、5か月連続で前年実績を上回った。

日産ブランドは、7月としては過去最高の10万1279台で、前年同月比は16.8%増と5か月連続で増加。乗用車系では、主力車種の『アルティマ』が7月の販売記録を更新する2万9354台を販売。前年同月比は11%増と、4か月連続で前年実績を上回る。『セントラ』も1万1439台で、前年同月比は15.7%増と、4か月連続で増加。『ヴァーサ』は20.9%増の9007台と、4か月ぶりに回復。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、小型SUVの『ローグ』が7月の新記録となる1万6992台を販売。前年同月比は28.8%増と、4か月連続で増加。新型に切り替わったSUVの『パスファインダー』も、7月の新記録となる8428台で、前年同月比は235.1%増と高い伸びが持続する。

インフィニティブランドは、前年同月比33.2%減の7762台と、3か月連続のマイナス。主力の『Gセダン』(日本名:日産『スカイライン』)は、前年同月比57.6%減の2580台と、3か月連続で減少。2012年4月に発売した新型クロスオーバーの『JX』(新車名は『QX60』)は、前年同月比37.4%増の2747台と、2か月ぶりに増加した。

日産の2013年1-7月米国新車販売は、前年同期比8.5%増の73万3750台。日産ブランドのフレッド・ディアス副社長は、「アルティマ、パスファインダー、セントラなど新型車が好調。新型『ノート』を投入し、主力5車種のうち4車種のモデルチェンジが完了した。これら4車種は全て、7月の販売新記録を達成」と語っている。

新型日産アルティマ 日産 ローグ 日産 ヴァーサ ノート(日本名:ノート) 新型日産 セントラ インフィニティ・G(日本名:日産スカイライン)https://cms.response.jp:4432/backend.php/ctmsArticleImageNewImageSpec/popup/576196 インフィニティJX