コスモ石油が発表した2013年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、47億円の最終赤字となった。前年同期は667億円の赤字で、赤字幅は縮小した。

売上高は前年同期比8.8%増の8223億円だったが、石油事業は、製品販売数量が増加したことにより売上高は増加したが、製品市況の低調などが影響し、収益を悪化させた。

営業利益は11億円、経常利益が39億円だった。純利益に株式など資産価値の変化を加味した総合的な利益指標である包括利益はマイナス6200万円となった。

通期業績見通しについては前回予想を据え置いた。