スバル・インプレッサ新型(参考画像)《写真 椿山和雄》

日本自動車販売協会連合会が発表した7月のブランド別新車登録台数によると、スバルが前年同月比14.3%増の1万1651台と大幅なプラスとなった。

一方、トップのトヨタは同13.7%減の14万2895台、2位の日産が同6.2%減の4万2115台。3位のホンダは同47.4%減の2万4017台と大きく数字を落とした。

1位:トヨタ 14万2895台(13.7%減)
2位:日産 4万2115台(6.2%減)
3位:ホンダ 2万4017台(47.4%減)
4位:マツダ 1万5773台(6.6%減)
5位:スバル 1万1651台(14.3%増)
6位:スズキ 7268台(12.1%減)
7位:いすゞ 5474台(14.9%増)
8位:レクサス 4183台(6.7%減)
9位:三菱自動車 3428台(11.2%減)
10位:日野 3415台(16.6%増)
11位:三菱ふそう 3073台(8.4%増)
12位:UDトラックス 778台(29.7%増)
13位:ダイハツ 311台(14.3%増)

ホンダ・フィット(現行型)