VW ゴルフ 1.4TSI《撮影 諸星陽一》

今年の自動車界の大きな話題のひとつが7代目フォルクスワーゲン『ゴルフ』の登場だ。発表から約2か月。少し落ち着いた状態で1.4リットルエンジンを積むTSIハイラインに乗った。

1.4リットル直噴ターボのエンジンは低速からしっかりと力強いパワーを発生。デュアルクラッチタイプのミッションと相まって、エンジンの発生したトルクを効率よく路面に伝えている印象。アクセル操作に対するクルマの動きはリニアで、ドライバーの意志が正確にクルマに伝えられる。

とくに驚くのがミッションのよさ。デュアルクラッチタイプのミッションはMTベースなので無駄のないトルク伝達が魅力。ゴルフはその魅力を余すところなく表現できている。

コーナリングは安定していて、ロールも少ない。10年少し前なら、スポーティカーと言っても間違いではないフィーリングをもっている。乗り心地は若干コツコツとした印象を感じるが、それも全体がよくなっているから目立つもの。とくにボディがしっかりしているので、そうした感触が伝わりやすいということもあるだろう。

ゴルフには先行車追従タイプのクルーズコントロールが装備されている。試乗時、完全停止するほどの渋滞に巻き込まれたが、このクルーズコントロールのおかげで大きなストレスを感じることなく移動ができた。

全体的な仕上がりが非常によく、それでいて装備も充実。価格も最上級モデルで300万円を切る設定というのは恐れ入ったという感じで、改めてその存在感の大きさに感心させられた。

パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。

VW ゴルフ 1.4TSI《撮影 諸星陽一》 VW ゴルフ 1.4TSI《撮影 諸星陽一》 VW ゴルフ 1.4TSI《撮影 諸星陽一》