スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》

きゃりーぱみゅぱみゅ。楽しげな楽曲はレポーターも聴かないことはないが、そんな彼女をCMに起用して登場したのが、この『MRワゴン Wit(ウィット)』だ。

派生車種ながら、フロントまわりはヘッドランプ、メッキグリル、バンパー、リヤコンビランプ等が専用という力の入れよう。“クラムシェルボンネット”と瀟洒なグリルに、一瞬、あのレンジローバーを連想したことを白状しておこう。もともと『MRワゴン』自体、大人びた内外観のセンスが好ましかったが、この“Wit”は、必ずしも若年女子だけでなく、大人(のしかも男女問わず)が普段使いの乗りこなしてもサマになりそうな、そんな、いい雰囲気を醸し出す。

内装も然り。レザー調の専用シート表皮のしっとりとした風合いは、現存するすべての軽自動車中トップの質感の高さ。トリム類も完璧なコーディネートで、このクルマのデザイナーのセンス、力量の高さがいかんなく発揮されている。こういうコンパクトカーなら、買って、乗ったら、毎日がシアワセに違いない。

走りも問題なし。エネチャージ、新アイドリングストップ、エコクールまでの最新技術が投入され、NAエンジンで30.0km/リットルの低燃費を実現させながら、十分にスムースに加減速する。やさしい乗り味、ステアリングの安心感のある重さ等、ワゴンRを上回っているとも感じるほどだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ・MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》 スズキ・MRワゴン Wit《撮影 島崎七生人》