クボタ、「ウエルスター鉄まきちゃん」を発表

クボタは、低コスト化と省力化を可能にする農法として注目されている「鉄コーティング直播」の専用機で業界初となる6条タイプの「ウエルスター鉄まきちゃん」を2014年1月1日から販売すると発表した。

国内農業は高齢化に伴う離農・委託により、小規模農家が減っており、その受け皿となる担い手農家の増加が予測される。就農者の構成が担い手農家主体に変化することで、より一層効率化、省力化、低コスト化が求められる。

鉄粉をコーティングした種もみを水田に直接播く「鉄コーティング直播栽培」は、コスト低減や軽労化に加え、田植えと併用することで、作期分散による経営規模拡大が可能になるため、担い手農家を中心に年々作付面積が拡大している。今回、担い手農家の経営規模拡大ニーズに応えるため、業界初の6条タイプの鉄コーティング直播専用機を開発した。

新製品は、車体部をシンプルな仕様で低価格のワールドシリーズの田植機としたことにより、従来の多目的田植機と鉄コーティング直播機のセット価格よりも約22%安い価格を実現した。

高速作業時も播種のばらつきを抑え、同じ粒数を点播することができるため、田植え同等の間隔・精度で種もみを播くことができる。また、種もみ播き、施肥、除草剤散布、水深管理の溝切りといった4つの作業を同時に行えるため、作業時間が短縮できるほか、ピンポイントで散布することで肥料や除草剤が節約できる。

ホッパに残ったモミもレバーを上げるだけで簡単に排出できる。直播部の主要部品もワンタッチで着脱できる機構のため、メンテナンスが容易となっている。

価格は220万5000円。