日産の米ミシシッピ州キャントン工場

日産自動車の米国法人、北米日産は7月30日、米国ミシシッピ州のキャントン工場に部品物流センターを建設し、800名以上を雇用すると発表した。

キャントン工場は2003年に稼働。現在、『アルティマ』、『セントラ』をはじめ、SUVの『アルマーダ』、『エクステラ』、ピックアップトラックの『フロンティア』、商用車の『NV』を生産中。

また、現在日本で組み立てている『ムラーノ』を、2014年のモデルチェンジを機に、キャントン工場に生産移管することも決定している。

新たに建設する部品物流センターは、キャントン工場を補完する機能を持つ施設。日産は2015年までに、米国で販売する日産車の85%を、北米現地生産車にする計画。部品物流センターが、この目標達成に重要な役割を果たす。

部品物流センターでは、約400名を新規に雇用。さらにサプライヤーが約400名を雇用し、合計で800名以上の雇用を創出する予定だ。