26日午前9時30分ごろ、千葉県南房総市内にある信用金庫の駐車場で乗用車が暴走。正面玄関付近に突っ込む事故が起きた。建物の一部が損壊したが、客はおらず、職員にもケガはなかった。警察ではクルマを運転していた60歳の男性から事情を聞いている。

千葉県警・館山署によると、現場は南房総市富浦町原岡付近にある信用金庫支店の駐車場。乗用車は建物正面の駐車スペースに進入しようとしていたが、突然加速。正面玄関付近にあるATM(現金自動預払機)コーナーに突っ込んだ。

この事故で建物の一部が損壊したが、当時は支店内に客はおらず、職員は全員が離れた場所にいて無事だった。警察ではクルマを運転していた同市内に在住する60歳の男性から器物損壊容疑で事情を聞いている。

聴取に対して男性は「履物がアクセルに引っかかり、ペダルが戻らなくなった」などと供述しており、警察ではサンダルのかかと部分が床とアクセルの間に挟みこんだものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。