ロックスターエナジースズキ、クレメン・デサール

7月27日・28日、ドイツのラウジツリングで開催された2013FIMモトクロス世界選権シリーズ第13戦、ロックスターエナジースズキのクレメン・デサールが第1レースで優勝、続く第2レースは2位となり、今季3度目の総合2位を獲得した。

ポディウム登壇回数も今季これで10度目をマーク、第1レースでG・ポーリン(カサワキ)がクラッシュから第2レースを棄権したこともあり、デサールはポイントランキングでも2位へ浮上した。

ラウジツリングのモトクロスコースは、12万人収容を誇るロードレースサーキットの一角に今大会用として整備され、全体にサンド質で荒れた路面が特徴。気温35度にも届こうかという厳しい暑さにもかかわらず、決勝日の特設コースには1万6000人のファンが詰めかけた。

この日のデサールは、決勝2レースともにスタートから好調だった。第1レース、トップを走行中のポーリンが激しいクラッシュでトップバトルから離脱、代わってトップに出たデサールは安定した走りで2番手のA・カイローリ(KTM)を最後まで寄せつけず、今季3度目となる1位フィニッシュを果たした。第2レースではカイローリに続く2位で、計47ポイント獲得はカイローリと同数だが、同ポイントの場合に第2レースの順位が優先されるためデサールは総合2位となった。

次戦第14戦は8月4日、チェコのロケットで開催される。

■WMX MX1 レース1
1位:クレメン・デサール(スズキ)
2位:アントニオ・カイローリ(KTM)
3位:トミー・サール(カワサキ)
4位:ケン・デダイカー(KTM)
5位:ケビン・ストライボス(スズキ)
6位:ジョエル・ローランツ(ヤマハ)

■WMX MX1 レース2
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)
2位:クレメン・デサール(スズキ)
3位:ケン・デダイカー(KTM)
4位:トミー・サール(カワサキ)
5位:ケビン・ストライボス(スズキ)
6位:ダビド・フィリッパーツ(ホンダ)

■2013 WMX ポイントランキング
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)611P
2位:クレメン・デサール(スズキ)503P
3位:ケン・デダイカー(KTM)479P
4位:ゴーティエ・ポーリン(カワサキ)465P
5位:ケビン・ストライボス(スズキ)397P
6位:トミー・サール(カワサキ)375P

ロックスターエナジースズキ、クレメン・デサール