全国軽自動車協会連合会がまとめた6月の軽四輪車中古車販売台数は前年同月比3.8%減の21万7195台となり、3か月ぶりにマイナスとなった。

乗用車は同2.9%減の15万9805台となった。貨物車は同6.4%減の5万7390台だった。貨物車の内訳は、バンが同6.6%減の3万0241台、トラックが同6.2%減の2万7149台だった。

主要ブランドでは、スズキ、日産などを除いて前年割れとなった。スズキは同0.1%増の7万1798台とほぼ横ばい、日産は同17.3%増の7892台と好調だった。

ダイハツは同3.0%減の6万3297台、ホンダは同6.3%減の3万0606台となった。三菱は同12.6%減、スバルが同14.5%減と2ケタマイナスとなった。