ルノー カングーの大幅改良モデル(参考画像)

ACEA(欧州自動車工業会)は7月26日、6月の欧州全域(EU+EFTA全29か国)の商用車の新車販売結果を公表した。総販売台数は15万6240台。前年同月比は5%減と、2か月連続で前年実績を下回った。

5大主要国では、ドイツが前年同月比7.1%減の2万7148台と、2か月連続のマイナス。英国は2万7339台を販売し、前年同月比は3.7%増と、2か月ぶりにプラスに転じた。スペインは14.7%増の9661台と好調を維持。

フランスは3万9098台にとどまり、前年同月比は9.3%減と引き続き減少。イタリアも13.1%減の1万0135台と不振が続く。

カテゴリー別では、最大積載量3.5トン以下のLCV(軽商用車)、いわゆる「バン」カテゴリーが販売の主力。6月のLCV実績は12万8773台。前年同月比は4.5%減と、2か月連続で前年実績を割り込む。

2013年上半期(1-6月)の欧州商用車の新車販売は、83万2093台。前年同期実績に対して、6.9%のマイナスとなっている。