アウディA6L

ドイツの高級車メーカー、アウディは7月25日、中国における累計新車販売台数が200万台に到達したと発表した。

アウディは1988年、中国自動車大手の第一汽車(FAW)と提携。中国に合弁会社を設立し、第一汽車の吉林省長春工場において、アウディ『100』のノックダウン生産を開始した。1995年には、アウディの合弁組み立て事業は、アウディの親会社、フォルクスワーゲングループと第一汽車の中国合弁、一汽フォルクスワーゲンに組み込まれ、現在に至る。

記念すべき累計販売200万台目となったのは、アウディ『A6L』。同車はアウディ『A6』がベース。中国では富裕層の間で、ロングホイールベース車に対する人気が高い。A6Lは中国市場のために専用開発されたロングホイールベース仕様で、アウディの中国主力車。

アウディは2012年、中国で初の40万台超えとなる40万5838台を販売。前年比は29.6%増と、大きく伸びた。中国高級車市場において、第1位のシェアを握る。

記念式典には、アウディのルパート・シュタートラー会長が登壇。「中国はアウディにとって、最も重要な海外市場」と述べている。

アウディA6L